2005年10月04日

vs横浜ベイスターズ 21回戦

・・・井川?

今日の先発の井川・・・・・なんかいつもと違う。
先日アップされた井川の日記を読んでから見たからかもしれませんけど、なんかね・・・・通常の3倍は気合が入ってましたね。
ピッチングにしても最近はあんまり放らなかったチェンジアップで三振取ってたし、牽制球もがんばって投げてたし、バッティングですごい粘りを見せたりとか。
なんかいつもと違うよ井川君・・・・・これってただ「今季最終戦」だからってこと?それとも何かそれ以上のものがあるんでしょうか?
井川がもう決断しているなら気持ちよく送り出してあげたい気持ちはあります。だけど本当はもっと阪神でがんばって欲しい。
杞憂だといいんですが・・・・・杞憂ですよね(;´Д`)

打撃陣の方は、今日も先日の神宮と同じで林と喜田がまたもスタメン。
しかも林威助が先制ホームランですよ!甲子園のあそこまで飛ばすとは、さすが高校2年間だけで54本かっとばしたパワー。
課題の守備も無難にこなしていますし、これはひょっとすると本当に日シリで出番あるんじゃないですか!
非常に楽しみにしていた大砲がいよいよ本格的に上昇カーブを描き始めました。
あとは今季ウエスタンで首位打者・盗塁王・最高出塁率のタイトルを獲得した赤松真人が待望の1軍初登場!
赤松に期待してる虎ファンってすごい多いですよねー。来年はヤクルトの青木みたいになるんじゃないかって結構色んなところで聞きますしw
今日は代走での登場でしたが、やっぱりそこは虎ファン。みんな分かってる。
ルーキー初出場+甲子園のぬかるみ+ピッチャー・クルーンなのに「走れ!走れ赤松!」コールw
ちょっとそれは酷だよーとウキウキしながら見ていたら、ホントに走った!!!しかもめっちゃ早い!!!
その後のベースランも飛んでるんじゃないかみたいな物凄い走塁見せてくれましたし、これは来季以降の赤赤コンビは超楽しみですね。
っていうか阪神は外野(ライト)の定位置争い激しすぎですよねw 実質定員1ですから大変だ。


最後に讀賣の話で恐縮ですけど、条辺剛が戦力外通告を受けましたね。
まだ何年も前の話ではないのでみなさん記憶されてると思うんですけど、条辺は数年前までものすごいストレート放ってました。しかも高校卒業してすぐの時期にです。
これは大きく育てたらとんでもないピッチャーになるなぁと楽しみに見ていたんですが、讀賣巨人軍の先を見据えない投手起用のせいであえなくパンク。今年見た時にはストレートが135`しか出なくなっていました。
条辺のような若くて有望な芽が、目先だけのその場しのぎの采配によって摘み取られるのはすごく悲しいことです。高卒選手を育てるのはすごく難しいことですが、指導者にはもっと大きな責任を持って仕事に当たって貰いたいと思います。
posted by codename31 at 22:54| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(29) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。