2006年02月15日

スカイAな人選

今日は井川やオックスや下さんがバッピしたり星野SDが来たりと色々あったようですが、スカイAのキャンプリポートにゲストとして登場した友寄審判員の話。
審判っていつもグラウンドにいますけど、ファンから見れば普段はあまり顔が見えないというか、生の声を聞く機会がない立場の野球関係者ですよね。
そういう意味で今日の友寄さんのお話はすごく興味深かった。

例えば、去年のオフから話題の2段モーションの話。
我々ファン(視聴者)からすると耳にする情報って「誰々がフォームを直すのに大分苦労しているみたいだ」的なのが多いじゃないですか。
「みんな直されたら個性がなくなって野球がつまらなくなる」だとかね、ちょっと怒ったカンジでネガティブな。
そういう報道が偏ると、本当はルールに乗っ取った「改善」なのに、マイナスのイメージが刷り込まれちゃいますよね。
やっぱり基本はルールブックなわけだし、アジアシリーズとかWBCもあるわけだから、しっかり元あった正しい姿に戻そうよっていうのは理解できる。それに友寄審判員も言ってましたけど、元からあるルールを守ったその上で、投手には個性を出していってもらったらいいんじゃないかと僕も思います。


他に興味深かったのが、ストライクゾーンの話。
福家さんが「投手の立場からしたらもうちょっとストライクゾーンを広くして欲しい。試合時間の短縮っていう問題もあるし」と発言したところ、友寄さんが面白いことを言ってました。
アメリカでは現在までに50何回ストライクゾーンが変更されているらしいんですが、日本のような「時間短縮」の為ではなく「いかにして野球というスポーツをより面白くするか」という点に力点が置かれていたそうです。
日本も実際ストライクゾーンを低くしたり高くしたりしてやってみましたけど、結局試合時間は変わらなかったですし、もしゾーンを広くとるなら「いかにして野球を面白くするか」という観点に立って議論しないとダメなんだなぁと気付かされました。


今までスタジアムやテレビで試合を見てて、審判に悪態ついたりねw、まぁ正直やってましたけど、今日みたいなカンジで生の声を聞くと、ちょっと見方が変わってくるかもしれませんねw
年収はかなり高めらしいですけど、年金だとかいろんな保障の関係とか大変みたいですし・・・。
まあなんにせよ、大変な職業ですよね審判なんていうのは・・・。正しくジャッジして普通、間違ったら野次の嵐だもんね。
posted by codename31 at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。