2006年03月18日

vsカープ@高松

2戦連続零封負けが続いてた我らがタイガース。
今日も先発のシモさんがいきなり被弾してどうかと思ったけど、中盤追いついて、最後はサヨナラ勝ち。
終盤に強い虎が戻ってきたのは力強いかぎりですよね。
それにこれまでオープン戦で14打席ヒットが出てなかった片岡にサヨナラホームランが出て、チームの雰囲気は良くなったでしょう。左バッターの代打枠争いに刺激物を加えてくれたし、いいことずくめ。


ピッチャーの方は、左の中継ぎ2人が面白かった。
始めに投げた吉野は2イニングを無安打無失点と完璧。
球数も24球と理想的だし、なによりボールのキレが素晴らしかった。
右バッターの内角に ズバァァァ!!! と投げ込まれるボールは、紛れもなく03年の吉野誠のボール。
やっぱりジェフの穴埋め要員1番手はこの人かな。


が、しかーーーし、その直後に投げた中村泰もランナーは許したもののゼロに抑えきり、1軍枠争いに食らいついた!
先頭バッターにヒットを打たれた後、次のバッターのバント処理を誤り、自身のフィルダースチョイスでノーアウト1、2塁。
いつもの野洲なら絶好の(?)崩れる場面のはずなんだけど、今年の野洲はひと味違うのだよ・・・( ,_ノ` )y━・~~~
スラムダンクでいうところの ダンコたる決意 ですよ・・・。
今年の泰ちゃんはやるよー!
posted by codename31 at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(11) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【WBC】MLBに物申す

サンスポによると、あのボブ・デービットソンが明日の試合の主審になるらしい。

冗談だろう?

彼のような技術の低い審判に、世界一を決める大会の準決勝の主審を務めさせようとMLBが本気で思っているのならば、MLBの見識を疑う。
彼の起こした2度のミス・ジャッジは勝敗に直結しかねない程の重大なものだった。
このまま彼を審判としてフィールドに立たせることは大会自体の品格を著しく貶める行為だ。

「アメリカのアメリカのによるアメリカのための大会」という悪評を少しでも拭いたいとMLBが考えるならば、アメリカが敗退した今こそ、審判団変更の決断を下すべきではないだろうか。
posted by codename31 at 11:01| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(13) | 野球 International | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。