2006年07月28日

執念の勝利

どうしても取っておきたかった今日の試合。
気持ちを切り替える意味でも、今日のようなサヨナラ勝ちはまさに最高の結果だった気がします。

地元・甲子園に帰って、さすがに今日はみんなの気合が違いましたよね。
特に内野守備陣の集中力が素晴らしかった。
その中でも藤本の守備は抜群の出来で、一二塁間やセンターに抜けそうな当たりを横っ飛びで、ことごとく捕球してアウトにしてた。
それに乗せられて二遊間を組む鳥谷にもナイスプレーが出たり、同じ陸軍の濱ちゃんもフェンスによじ登りながらのスパイダーマンキャッチを繰り出す相乗効果。

先発したオクススプリングも初回こそ不安定だったものの、5回を2安打1失点に抑える好投。
その後FKまでの橋渡し役を江草・ダーウィンが見事にこなしたのも大きかった。
特にダーウィンは失敗したばかりだったから、かなり気持ちが入ってましたね。

そして締めの球児。
投げる方では圧巻の4者連続三振を決めて、打つ方では執念のショート内野安打。
サヨナラ犠打を打ってヒーローになった矢野さんも褒めてたけど、今日の球児の気迫には脱帽です。


甲子園の応援もすごかったのがテレビからも伝わってきてたし、この勢いを大事にしてロード前のホーム残り2戦を戦って欲しいですね。
だけどやっぱり今日も2点しか取れてない・・・・・目覚めよ、猛虎打線!!!

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(24) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドン底

結局まだ昨日の試合を見れてなくて、まぁ見る気なくなっちゃったんですけど、結構厳しかったようですね。

またも打てず、4安打のスミ1。う〜ん、これじゃ勝てない。

なんでも虎の7月の1試合平均得点はたったの2.4点らしいです。
それで8勝9敗なら逆に御の字なんですけどね。

それにしてもここまで打撃不調の期間が長いとわね・・・・まったくの予想外ですよ。いずれ上がってくるだろうとか、もうきっと2ヶ月くらい前から考えてたんじゃないですかね。岡田監督ならきっと「それはオレも半年ぐらい前から思っていたこと」なんて言うんでしょうが・・・。


まぁでもあんまりネガティブになってもね。
まだ中日との直接対決が結構残ってるし、他との勝負をとりこぼさずにくっ付いて行けば、全然イケる。
がんばるしかないやね。
posted by codename31 at 08:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。