2006年10月11日

白熱の第2S初戦!

いやー、ダルビッシュは大したモンだわ。
高卒2年目であれだけの大舞台であのピッチングだもん。圧巻ですね。
特にストレートが速くなって威力が上がったような気がします。以前は変化球が多く、小手先が器用な変化球ピッチャーに自らが進んでなろう、みたいな若干自虐的な姿勢が見えていた気がするんですが、自分のストレートの威力をはっきり認識したようですね。
なにが彼をそうさせたんでしょうか?
佐藤義則コーチの存在もさることながら、やはりライバルである涌井秀章の存在が大きいような気がします。
今年は2人ともストレートでグイグイ押すピッチングで大成長しましたしね。
それにしても思い返してみるとこの2人、両方ともドラフト一本釣りですよ!今から考えたら、もったいなかったと思えますねw

さて地元が大フィーバーしている北海道日本ハムが先勝して、さっそくシリーズリーチ。
明日は八木と斉藤和ですか・・・・。
地元の大声援をバックにチームのムード最高潮(+新庄絶好調!)の日ハムか、はたまた「和巳に白星を!」を掛け声にここまで勝ち上がってきたソフバンが意地を見せるか。
これは絶対に目が離せませんよ!

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:11| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(19) | 野球 NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若手起用のススメ

ペナントの行方も決まっちゃったし、残りの3試合は若手を試して欲しいというのが本音。
それに球児とかジェフとか勤続疲労がたまってる選手は無理に使うことないんじゃないかな。特に球児はシーズン終了後、入院してオーバーホールしなきゃならないほど疲弊してるみたいだし、最多ホールドのタイトルがかかってても無理して欲しくない。
後ろで短いイニング使うんだったら、昨日好投した若竹とか使ってみて欲しいし、先発なら断然玉置を試してもらいたい。

他のチームじゃ高卒1年目のルーキーがどんどんチャンスもらってるからね。西武の炭谷銀仁朗を筆頭に、カープの齋藤悠葵、日ハムの木下達生、ヤクルトの川端慎吾、オリックスの岡田貴弘、横浜の山口俊、中日の平田良介・・・。

玉置は2年目だけどドラフト下位指名で入団した選手だし、こういう子が活躍すると本当に嬉しい。
9日の登板を1軍昇格を見越して短めに切り上げたとのことなので、是非チャンスをあげて欲しいと思います。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。