2006年10月14日

若手選手トライアル

昨日抹消された10人に代わって、今日以下の7選手が1軍昇格。

岩田稔投手、玉置隆投手、伊代野貴照投手、狩野恵輔捕手、坂克彦内野手、喜田剛内野手、赤松真人外野手

そして、今日のスターティングメンバーはこうなった!

1番 CF 赤松真人
2番 3B 関本健太郎
3番 SS 鳥谷敬
4番 LF 金本知憲
5番 RF 濱中治
6番 1B 喜田剛
7番 2B 坂克彦
8番 C  狩野恵輔
9番 P  岩田稔


いいねー。こういうのを待ってたよ!
ホントはもっと若手を試せる機会があれば良かったんだけど、こればっかりは仕方ないね。
チームは優勝争いのまっただ中だったし、1軍の層もかなり厚いから。


さてさて先発の岩田。
ご存じの通り、去年の希望枠ルーキー。ただ故障があって、下でもあまり登板機会が今年はなかったようです。
そんな中のプロ1軍初マウンドだったのが影響したか、初めの2イニングスは精神的に落ち着きがなかったように見えました。
ストレートは149キロまで出てましたが、変化球とともにキレ・制球がなく極めて不安定。
3回を4失点とほろ苦いデビューマウンドとなってしまいました。
個人的にはちょっとこの人、投げる時の重心が高いかなと思いました。なんかボールを離すのが早い気がする・・・。だからバッターに早めに見極められてる、みたいな。
まだ来年から戦力になるとは、今日の登板からは感じられませんでしたね。もう少しかかりそうです。

続いて投げた高卒2年目ルーキーの玉置は対照的に小気味のいいピッチングでした。
もうね、自分的には一番見たかったピッチャーだったので、出てきたときはテンション上がったー( ´∀`)
まず何が良かったって、あの落ち着きですよ。プロ初マウンドの20歳とは思えない落ち着き。
ボールの方も、ストレートは思い切り腕を振っていて良かったし、2種類のスライダーも有効に使えていたように見えました。
ただあれですね、自分なんでか、玉置はカーブがいいんだと思ってました・・・。どっかで聞いたような気がしたんですがw
まぁそれはともかく、玉置は来年から1軍の戦力になれそうですね。春も宜野座に行けそうなので、そこから注目して見てみたいです。

3番手の伊代野はまた結果出せず沈みましたが、喜田は1本出てよかったですね。
あとは赤松がプロ初安打を含む2安打と結果を出しました。こちらも来季は1軍で働いてもらわないと困る選手。
ミラクル豊の神通力が落ちてきてるので、狙うはまずこのスポットでしょうか。豊みたいにもっと声を出さないとダメだけどね。


最後に、今日の7回表のジェット風船はなんだったの?
インプレー中に六甲颪歌って、風船飛ばしちゃいかんでしょう。
なんであのタイミングになったのか分からないけど、あれはまずいと思いました。


さあいよいよ次は今季最終戦。
先発予定の井川がタイトルかかっているので若手投手の登板はないかもしれませんが、もしチャンスがあればがんばってもらいたいですね。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 21:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(18) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。