2006年11月04日

東京六大学選抜vs東京ヤクルト

今日は明治神宮外苑創建80年記念奉納試合「東京六大学選抜vs東京ヤクルトスワローズ」をフジ739で観戦。
すごい観客入ってたし盛り上がってたみたいだから、現地に行ってれば良かったなぁと後悔先に立たず・・・。

それにしてもこういうプロアマ交流戦はいいよね。もっとやった方がいいよ、絶対。
見てて面白いし、なによりやってるアマの選手たちの表情がいい。

試合の方はというと、やっぱり大引だよね。
1回裏先頭バッターで、藤井秀悟からレフトにホームラン!
第2打席も完全に本気モードの藤井からしぶとく粘って一二塁間を抜くヒット。
第3打席はボール球で勝負してくるヤクルトバッテリーからしっかり四球を選んで出塁。
第4打席はスライダーを引っかけながら、俊足を生かしてサード内野安打。
こいつ「持ってる」かもw
とにかく一番目立ってたね。阪神は3巡目での指名を予定しているようだけど、これだけ目立つとロッテあたりが先にピックしてくるかも。
大きいのは基本的にない右打ちの内野手だけど、やはり欲しい選手ですね。

他の選手を見てみると、やっぱり青木と藤井は全然格が違った。
ただあとのヤクルトの2軍レベルの選手は、六大学の一流の選手たちとそんなには変わらないように見えたね。
実際、六大学の継投に抑え込まれてたし、連打を浴びせたのは東大の重信が出てきた時くらいのものだった。
藤井以降に投げたピッチャーも、古田監督が試合途中のインタビューで言っていたけど、明治の久米とか法政の小松の方がキレのある速いボール放ってたように見えた。
守備のミスが出たのも急造チームの六大学の方じゃなく、ヤクルトの方だったしね。
ちょっと情けないかなっていうのも確かにあるけど、アマが元気なのも嬉しいところ。
だからこそもっとプロアマ交流戦やって欲しいなと感じました。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 16:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。