2006年11月08日

讀賣ターンバック

それにしても讀賣の戦力人事(あえてこう呼ぶw)は不可解ですね。
もう使うつもりのない仁志を横浜に放出して、補強ポイントのキャッチャー・小田嶋を獲得したのはまだ分かる。去年のサネは意味分からなかったけど。

ただ谷をトレードで獲ったのはねぇ・・・・讀賣の首脳陣はパリーグ見てないの?
3割5分を打ったことがある選手に失礼かもしれないけど、最近のヨシくんはもう酷いからね・・・・オリファンにも見放されがちらしいし、中長期的に見れば、若手の鴨志田・長田放出は戦力ダウンでしょう。
それに清水を余らせても使ってきた、矢野・亀井はどうするの?
新外国人選手を外野で使うつもりなら、鈴木もあぶれるだろうし、讀賣は生え抜きのスター選手を作る気が全くないようにしか見えない。

そんな付け焼刃的な補強を繰り返して、チームとしてたとえいい成績を残したとしても、それで喜んでていいのかなって思う。
讀賣首脳陣はもっと中長期的な”ビジョン”を持って、本当のファン(←自称阪神タイガース評論家のtoraoさんのエントリーで言及されている)をもっと増やしていかないと、視聴率の低下等の地盤沈下は止まることはないんじゃないでしょうか。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。