2007年02月11日

vs北海道日本ハム #1

阪神タイガース
1 8(9) 赤松
2 4 藤本→坂
3 6 鳥谷
4 D 濱中
5 5 関本→(8)高橋勇
6 9 林→(5)前田忠
7 3 喜田
8 7 桜井
9 2 浅井→狩野
P  久保田→杉山→筒井→桟原

北海道日本ハムファイターズ
1 4 田中賢→(3)小谷野
2 8 森本→(9)紺田
3 D 坪井→高橋信
4 7 金子洋
5 5 グリーン→(4)稲田
6 9 糸井→(8)工藤
7 2 鶴岡→今成
8 3(5) 尾崎
9 6 飯山
P  須永→江尻→橋本→菊池

**投手**
・先発の久保田は初回に2失点するなど不安定な立ち上がり。ストレートに本来の力が戻っていない上、コントロールもアバウトなため、真ん中に入ってきた球を日ハム打線に簡単にはじき返されていた。久保田はストレートの球威で相手を圧倒するピッチャーなはずなので、そのストレートに勢いが出てこないと相当厳しい。ただ新球カーブはタイミング外すのに有効なようだ。
・2番手の杉山は久保田の後だったせいかストレートの勢いがよく見えた。課題はコントロール。ボールの割合が多く四球が増えてしまった。次回登板に期待したい。
筒井がいい。以前ならスリーボールになると弱気の虫が顔を出していたのに、今は簡単にストライクが取れるようになって精神面がいい方に変わったように見える。これはひょっとするとひょっとするぞ。


**野手**
・初回に幻の2ランを放った喜田。あれは入ってたよなぁ・・・まぁでもめげずに2打席目にヒット打ったし、状態よし。引き続きアピールアピール!
桜井が反撃の狼煙となる1発。低めのストレートを一閃してレフトスタンドへ叩き込んだ。その後の打席でも右に単打を放つなどいい所を見せた。この調子で結果を出し続けろ。
の欲しいところで1発が打てる勝負強さに大きな評価。代打枠争いは熾烈だが、林は当確とみる。守備はほっといていいね。
鳥谷がいい。7点目となったタイムリースリーベースも、泳ぎながら右中間を破った。最高級の素材がいよいよ本格化。
・マズかった点を挙げると、浅井が4度ともスチール許したのは見るに耐えなかった。ポスト矢野1番手に挙げられてる捕手がこれではさみしい。狩野も岡崎もパッとしてないし、このポジションは厳しいなぁ・・・。高卒ルーキーに期待しちゃいそう。


ちなみに試合は8回表までしか見れてません。この後なんかビッグプレーあったのかなぁ。一応夜の放送も録画しとこう。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(11) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。