2007年02月16日

vs東京ヤクルト@浦添

今日は浦添に乗り込んで東京ヤクルトとの練習試合。
公式発表8000人の大観衆はご愛敬w 
阪神タイガース
1 8 赤松
2 5 関本→前田忠→藤原
3 6 鳥谷→坂
4 D 濱中
5 9 林→高橋勇
6 7 桜井
7 3 喜田
8 2 浅井
9 4 藤本
P 能見→太陽→岩田→橋本健→中村泰

**投手**
能見はまずまず。2回にノー満のピンチを招いたけど、ホームゲッツーでしのいで次のバッターも捕飛に討ち取った。今日の良かった点は外のストレートと新球(だっけ?)チェンジアップ。イマイチだった点は変化球のコントロール。今日は球審が厳しかったのもあるけどスリーボールになる場面が目立ったので、次回はそのあたりの改善を。
太陽はストレートに球威があった。MAXは多分146キロ。かなり目立ってたけど、これくらいは出来るだけの能力は全然あるはず。これを持続して発揮して欲しい。
・去年の希望枠岩田はストレートが上ずった所を痛打されてた。ボール自体に強さもキレも不足しているので甘い所に行くとやられる。なんていうのかなぁ・・・岩田は上体が高いせいもあってか、ボールが硬質というか、そんなイメージがあって。もう少し下半身を柔らかく使って、グッと一瞬のタメを作って欲しいなぁと思ってマス。
ハシケンは可もなく不可もなし。
ヤスは追い込むまではストレートもスライダーもまずまずだったけど、勝負球のコントロールが甘かった。もっと長い回見てみたい。


**野手**
濱中はここでは格が違う。シーズンでは6番を打つことになりそうだけど、相手チームは相当イヤだろうね。
は相変わらず欲しいところで一本打てる。しかも左にうまいこと流したタイムリー。もう1軍、2軍をさまよってるような選手じゃないね。ここぞの切り札として期待できる。
・いわゆる「持ってる男」高橋勇丞。ストライクは全部手を出す積極性で少ないチャンスでしっかり結果を出した。若手の突き上げはいくらあってもいい。今度は新庄より上と称された肩を見せてくれ。


録画セットを伸ばしておいたんだけど、見られたのは9回表の坂の打席まで。
明日も試合でしたね。日ハムはダルが投げるのかな。ウチも主力が出てくるようなので楽しみです。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(8) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。