2007年03月09日

OP戦 vs北海道日本ハム

阪神タイガース
1 6 鳥谷敬
2 8 赤星憲広→(9)中村豊
3 2 矢野輝弘→(2)狩野恵輔
4 D 林威助→(D)高橋光信→(RD)藤原通
5 9 桧山進次郎→(7)上坂太一郎
6 5(3) 関本健太郎
7 3 葛城育郎→(D)桜井広大→(5)秀太
8 4 藤本敦士
9 7(8) 赤松真人
P E. ジャン→J. ウィリアムス→R. ボーグルソン→ダーウィン. C

**投手**
・先発のジャンは制球良く、ほとんどのバッターに対してストライク先行のピッチング。いつでもストライクを取れる制球力に加えて、力強いストレートがあればまず1軍の戦力になれるのは間違いない。どういう使い方になるのかまだ分からないけど、開幕1軍は確定でしょう。
ジェフは問題のない仕上がり。ストレートは150キロ以上出てたし、角度があった。だけど逆に、ちょっと仕上がりが早すぎるのかなって心配になるよね。
ボーグルソンはどうなんだろう・・・今日はキャッチャーが変わってあんまり良く見えなかったね。ストレートはそこそこ来てたけど、ちょっとバラバラしてた。矢野との相性の方がずっと良さそうだね。次に期待したい。


**野手**
鳥谷が相変わらず好調。というか成長分を見せつけてる感じ。それにまた早大出身投手からガチンと打ったね。元々左利きだからあっち方向は伸びる。頼もしい限りだ。
赤松が2安打・1盗塁に加えて、レーザービーム刺殺でイキのいいところをアピールした。全体的に若手のアピールが不足しているから、これくらい働けると十分目立つ。このまま必死にやって開幕1軍入りを絶対に果たしてもらいたい。
・代打で期待通りの仕事をした高橋光。中日から来た選手だからあまり親近感が湧かなかったけど、この人は人の良さそうな顔をしてるねぇw こうやって1本、1本積み重ねていくことで親近感が湧いてくるんだろうな。がんばって欲しいね。


>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(8) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広澤克実打撃コーチ

広澤克実打撃コーチの「トラさんのちょっと虎話」が面白い。
更新の頻度が高いし、すごく突っ込んだ話をしてくれてる。
どの話も興味深いんだよねぇ。一例をあげると、


阪神の中で天性の長距離砲は、右ではシーツ、左では金本、鳥谷でこれにかろうじて林が入る


なんて話は面白いよね。現役時代、天性の長距離打者だった広澤コーチの話だから。
それに今までの定説で阪神の長距離砲と言えば、右では桜井や濱中、左では林や喜田だったはず。
そこに鳥谷の名前が挙がるのはなんだか心強いし、逆に上がらなかった選手はもっとギャップヒッター的な考え方を持ってもいいかもしれない。

他にもハマちゃん再生の話でのアニキの言葉が紹介されてたりとか、普段だとなかなか見えない一面まで垣間見ることができる。まだ読んだことない人は一読をオススメします。


実を言うとスカイAのキャンプ中継を見てて、新任の広澤コーチは正田コーチとうまくいってないのかなって思ってた。

年齢から言うと、同じ62年生まれなんだけど、正田さんは早生まれなので1学年上。
正田さんは何年かヘッドぽい位置づけで打撃コーチやってるし、広澤さんが遠慮してるように見えてね。

実績から言うと、正田さんは首位打者2回・盗塁王1回・ベストナイン2回で通算安打数1546本。一方の広澤さんは打点王2回・ベストナイン4回で通算安打数1736本。ちなみに前打撃コーチ・現守備走塁コーチの和田さんはベストナイン2回で通算安打数が1739本。

実際のところどういう関係なのか分からないけど、両コーチとも阪神タイガースにとって大事な大事な存在。うまいことやっていけるといいね。

>>人気ブログランキング
ラベル:広澤克実
posted by codename31 at 16:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

OP戦 vs楽天 #2

阪神タイガース
1 6 鳥谷敬→(3)庄田隆弘
2 8 赤星憲広→(3)葛城育郎→(R6)秀太
3 4 関本健太郎
4 D 高橋光信→藤本敦士
5 3(97) 林威助
6 7 桜井広大→(9)中村豊
7 5 藤原通
8 2 清水誉
9 9(8) 赤松真人
P 江草仁貴→橋本健太郎→筒井和也→金澤健人→吉野誠→中村泰広

**投手**
・先発の江草は初回から3与四球。普通のピッチャーだとここで失点するんだが、江草だとなんとなく抑えてしまうから不思議だ。だけど毎バッター、フルカウントにしてたんじゃあ、とても先発は任せられない。テンポよくストライク先行のピッチングを心がけてもらいたいが難しいだろうな。
・2番手の橋本健は良かったなぁ。ストレートにスピードがあるから、ハシケンチェンジが効く。ダーウィンとか桟原・金澤あたりがアピールできてないし、右の中継ぎとしてハシケンは残ってくると思う。
・ご当地登板となった筒井和はピンチを作りつつもダブルプレーで切り抜けて、なんとか故郷に錦を飾ることができた。ただ内容的にはストレートが外に抜けてストレートのフォアボールを出すなど褒められるものではなかったので、次回はピシャリとお願いしたい。
・一昨日の登板で醜態をさらしてしまった吉野が早めにリベンジのチャンスをもらった。結果、1イニングを無安打・2三振のナイスピッチング。これでなんとか次につなげた。
・逆に2失点した中村泰はここで脱落の模様。残念だがこのところの内容では致し方ない。


**野手**
・三振数が12球団で一番多いらしい鳥谷。本人いわく「今は当てるのではなく、振ることを心がけている」とかで心配はない模様。実際今日も1打席目の初球から内角のストレートを思い切り引っ張ってツーベースヒット。2打席目も火の出るようなライナーでピッチャーの脇を抜けるセンター前ヒット。3打席目もセンターヒットの猛打賞。うん、トリは大丈夫だ。
・今日のスタメンマスクはルーキーの清水。打つ方は無安打・盗塁も試みられなかったし、見せ場がなかった。ただ8回まで無失点に抑えたリードは評価できるので、また実戦で見てみたい。


楽天の方で言えば、マーくんこと田中将大がちょこっと走ってたねぇ。野村監督にはちょっと過保護くらいの間隔で投げさせて欲しいな、1年目は。まだ下半身ができてないみたいだし、初めはゆっくりでいいと思うよ。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 20:05| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(9) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

OP戦 vsソフトバンク

阪神タイガース
1 8 赤星憲広→(9)庄田隆弘
2 9(8) 赤松真人
3 6 鳥谷敬
4 D 高橋光信→林威助
5 5 関本健太郎
6 7 桜井広大→(3)葛城育郎
7 3(7) 藤原通→濱中治
8 2 浅井良→清水誉
9 4 藤本敦士
P 能見篤史→相木崇→吉野誠→金澤健人

**投手**
・先発の能見はフルメンバーの重量ソフバン打線を相手に堂々としたピッチングで4イニングを被安打1。低めへの変化球が有効的に使えていて、よく空振りが取れていた。スペラン多村から一発浴びたけど、あれは打った方がスゴイよ。能見の球は悪くなかった。これで開幕ローテ入りは当確でしょう。能見は今年二桁勝つと思う。
吉野はまずまずいいボールも投げてて多村や小久保から三振を奪ってたけど、結果は1イニング5失点と炎上。今の吉野は結果を積み重ねていかなきゃいけない立場だから、今日のようなピッチングではダメでしょう。もう一度チャンスがもらえるなら、今度はビシっとしたところを見せてもらいたい。


**野手**
浅井の送球の悪さは見てて本当にガッカリする。浅井はここが解消されない限り「ポスト矢野」の座を完全に獲ることは無理なんじゃないだろうか。岡崎は伸び悩んでるけど、今年入った清水は評価高そうだし、そろそろこのレースに決着を付けて欲しい。誰を押しのけても俺が出るんだ!という気合いを見せろ。
・里帰り(?)したが広い福岡ドームの中段まで運ぶ一発を披露。例えばこのまま開幕近くまで濱ちゃんに当たりが戻らなかったら、開幕ライトは林で間違いないと思う。本当は年間通して使ってみたいけどね、きっと25本くらいは打つし。林はシーツが引退した後のファーストかな。でもその頃30歳超えちゃってるか。悩ましいね。


>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 18:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(7) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

OP戦 vs楽天 #1

阪神タイガース
1 8 赤星憲広→高橋勇丞
2 9 赤松真人
3 6 鳥谷敬
4 7 林威助
5 4 関本健太郎→藤本敦士
6 D 濱中治
7 3 葛城育郎→高橋光信→庄田隆弘
8 2 狩野恵輔
9 5 坂克彦→藤原通
P 太陽→中村泰広→久保田智之→筒井和也→橋本健太郎

いっぺん書いたのが消えちゃったよ・・・(つД`;)

**投手**
・先発した太陽は毎回ランナーを出しながらも、低めへの制球の意識が強く感じられて好印象。ただ低めの変化球が見極められていたので、次はそのあたりを改善して欲しい。クセがあるのか、それとも変化が早いのか分からないけど、制球ができてるのにもったいない気がする。
・2番手の中村泰は相変わらず。スライダーの変化はスゴイ、だけど全体的にいったら微妙、といういつもの感じ。このままじゃ厳しいよ。



**野手**
・おとといの試合で岡田監督の逆鱗に触れてしまった濱中。今日は定位置の4番を外野のライバル・林に受け渡し、またライトの守備位置も赤松に奪われて指名打者でのスタート。今日という今日はなんとしても1本ヒットが欲しいところだったけど、結局無安打に終わってしまいました。オープン戦たった4試合で、今まで濱中が築いた優位性は揺るがないと思うけど、凡退の仕方があまりにも悪いのは気になる。オーナーにまでも「ムラがある」とか言われる始末だからね・・・。もう今年29歳だし、いつまでも未来の4番とか言ってられないなぁ。
・一方、今日ライトに入った赤松は長打力を見せるなど猛アピール。足が速いだけじゃなくパンチ力もあるっていうのは相手としてはイヤな相手かなと思う。ただ当てるだけのバッターじゃ、そこまで怖さがないと思うし。このままアピールをし続けられれば、豊枠奪えそう。
・目立たないんだけど、藤原が地味にいいアピールを続けてる。内野のユーティリティー枠は秀太や前田忠なんかがいて厳しいところだけど、アピールし続けられればチャンスは来る。



余談ですけど、今日は山本梓と熊田曜子が始球式と5回終了時と7回裏に登場しましたね。
山本梓は家族揃っての阪神ファンとか。熊田曜子は関係ないのかな。
こういうのって批判もあるようだけど、選手は嬉しそうにニヤニヤしてたねw
俺的にもアリだと思うよw

P1000762.JPG

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 19:25| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(11) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

小嶋見られず…

結局小嶋見られなかったよー。
関東に住んでるから仕方ないんだけど、見たかったなぁ。

打つ方はからっきしダメみたいだし、明るい話題と言えば若いピッチャーくらいだもんね。
小嶋を筆頭に、上園もがんばってるし金村も良さそうだ。もう2年もすればさらに若い玉置とか若竹とか鶴とかが楽しませてくれそうだし。

とかなんとか言って、ようは打ってくれってだけのことなんですけどね。
あと中継を見せてくれってこと。
明日はGAORAでやりますよ。録画して見ないと。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

キャンプ総括・投手編

キャンプが終わって数日、そろそろ総括などを・・・。

と言っても、まぁ世間一般の虎ファンの間で言われてるようなことになっちゃうと思うんだけど、まぁそれはさておいて。


投手の方は、とにかく「ポスト井川」というのがメインテーマだった。ブルペンでは連日、江草・能見・中村泰・筒井・三東・岩田・小嶋が競争。
結果どうなったかというと、江草能見が力のあるところを見せて他投手を上回った。ただ「上回った」と言っても、この7人の中で上回ったというだけで、優勝を狙うチームの先発ローテに入るだけの力を見せてくれたかと言われれば、やはり疑問というか、心細い。
井川が抜けたデッカイ穴は、結局、状態の良い複数の投手で埋めていくしかないというのが改めて提示された気がする。

そんな中、当初この7人の中で最も評価が低かったルーキーの小嶋が面白い所を見せてくれたのは大収穫。
高校時代は即プロ入り(しかも上位で)できるほど評価が高かったのに、社会人時代は故障からほとんど登板機会すらなかったピッチャー。
これは希望枠で獲って大丈夫かな?っていう懸念があったんだけど、まさか1年目のキャンプからこれだけの力を出せるとはね。本当に驚いた。
1年目からローテーションに、っていう期待も分かるけど、とりあえず色褪せてない素材の良さを見せてくれたので、まずは故障しないだけの体作りをやって欲しいと思う。

あといい意味で、特に目に付いたのが太陽
「ブルペンエース」なんて言われてた太陽だけど、今年の太陽は違うかもしれないな。
とにかく低めの制球への意識付けがしっかりしているので、見てて安心感がある。
持ってるボール自体はチームでも1、2の力があったわけだから、それがキッチリ低めにコントロールできれば、まず打たれないという安心感。
福原・安藤・杉山が出遅れてるけれども、太陽がローテ確定くらいのピッチングを見せてくれてるのは心強いですね。

そして悪い意味で、特に目に付いてしまったのが久保田
もう本当に開幕ヤバイんじゃないか、JFKのKの代わりは誰になるんだ?ってくらい周囲をヤキモキさせてくれた。
ブルペンでダントツに球数を投げているのに一向に調子が上がってこず、ストレートはせいぜい140キロで制球もバラバラ、実戦登板のたびに失点を重ねてきた。
ストレートの球威が命の久保田があれでは・・・となっていたところ、最後の最後の紅白戦でその剛球ストレートが帰ってきた!
このキャンプ自体が、壮大な「久保田劇場」だったんだね。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 10:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

桧山進次郎、復活!

左肩痛で周囲を心配させていたひーやんが、昨日の紅白戦で今季初安打を放ち、まずは一安心。

この人は、本当に人気あるからね。この人の名前がコールされた途端、ものすごい歓声が起こるのはどの球場でも同じ。球児と並ぶ人気選手が、開幕25人に入ってないなんて寂しいし。


そんなひーやんだけど、サンスポによると、21日に左肩に痛みが出てからは



カバンも持てないほど」の痛みだったとか。


それからというもの、プライドをかなぐり捨て孤独なリハビリを続けてきたひーやん・・・・・。











HI-YAN.jpg
(2/22付のなにわWEB・虎フォトより)

カバン持ってんじゃん!!!






さすがひーやん。虎のエンターテイナーは今年も健在のようです。

>>人気ブログランキング
ラベル:桧山進次郎
posted by codename31 at 08:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。