2007年03月12日

いわゆる栄養費問題

巷を騒がせているドラフトの栄養費問題。

色々出てきてる話を聞いてると、とても西武だけの問題とは思えないなぁ。
大学の学費を球団に負担してもらうかわりに入団を約束するとか、他の球団もずっとやってきてたんじゃないの?

それに今回の場合、このA選手は初め東北の私立大学に入学するつもりだったけど、早稲田からも誘われて、早稲田は学費が高いから球団に相談したってことになってる。
「学費が高いので相談する」って普通に考えたら、球団に学費の援助を頼んだってそう思うよね。学費を安くしてもらえるように早稲田に頼んでみてよって西武に相談したわけじゃないだろうし、少なくとも西武側はそう捉えた。というかそういう慣習が古くからあったので、それがある程度自然の流れだったのかもしれないけど。

無論、金銭を出した西武はもってのほか。としても「息子の将来をめちゃくちゃにされた」とか「西武を恨む」とか、ちょっと違うのではないかと。学費を借りただけなので悪いことをしたと思ってないらしいけど、それを担保に入団を約束していたら学生憲章にも違反するし、そもそもクリーンじゃないよね。
それに元々は返すつもりだったとしても、結果「手切れ金」みたいになって授受した形になったわけだし、それだったら確定申告しないと脱税じゃないの。

まぁとにかくこれをいい機会と捉えて、膿を出し切ってもらわないと困る。東京ガスの木村が在京希望にも関わらずロッテ入団に固執して、横浜を拒否したのも不可解だし、他にもまだまだ裏金絡みの問題は出てくるでしょう。
それと同時に、ベストではないかもしれないけど、それに近いベターなドラフト改革をしていかなくてはならない。
少なくても「希望枠撤廃」は不可欠。その上で最もクリーンかつ戦力均衡を図れるドラフト案を。
個人的には1巡目はくじ引き、2巡目以降ウェーバー制のドラフト、それに加えてFA期間短縮でいいんじゃないかと思ってます。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。