2006年07月18日

白熱の明石球場

甲子園で試合は見られませんでしたけど、今日は11時頃から明石に高校野球兵庫予選を見に行ってました。
高校野球面白いですよー。負けたら終わりっていう中での一生懸命さはプロ野球のそれに勝ります。特に今日は第2試合の兵庫工の一致団結した勇敢な戦いっぷりは素晴らしかった!


逆に、本来格下であるはずの兵庫工に完敗した格好の神戸弘陵にはちょっとガッカリだったなぁ。なんなんだろ、あんまりチームとしてのまとまりを感じなかったというか、個々の能力は明らかに兵庫工を上回ってたんだけど、チーム力が全然なかった。
しかも今年の神戸弘陵、プロ注目の2枚看板・稲川大三投手と寺田健吾投手を擁した上で初戦敗退ですもんね。メディアの人たちがいっぱい来てたのに、ちょっと情けない。

先発の稲川投手は評判に負けず、140`超のストレートがすごく重そうでした。
が2回裏、味方のエラーでバッターランナーまで帰しちゃってからは気落ちしたのか、ストレートも走らずスライダーもイマイチでしたね。ただまだ上がある投手なので、どこに進むにしてももっともっと自分を磨いていってほしい(特に気持ちの面)と思います。

P1000485i.JPGP1000486i.JPGP1000487i.JPG


5回途中から継投した寺田投手は「和田2世」とか呼ばれて、虎も高校生ドラフトの候補に挙げてますね。
体はまずまずあるし素材型として面白いかもしれませんが、ただあまり迫力を感じなかったというか、現状コイツのここがスゴイ!みたいなのは今日見た限りでは分かりませんでした。
今日は山口スカウト来てたのかな?

P1000507i.JPGP1000508i.JPGP1000504i.JPG
※1・2枚目と3枚目は連続写真ではありません。


第3試合の神港学園vs尼崎産は5回終了までしか見られませんでした。
甲子園中止が分かってたら、最後まで見たのになぁ。
まぁー、しょうがない。今度は神奈川大会を見に行く予定でいます。

P1000534i.JPGP1000535i.JPG
↑神港学園の郷田敬弘外野手

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 20:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。