2006年07月29日

【決勝】神奈川・埼玉大会

高校野球の都道府県予選もいよいよ大詰め。
今日はNHKとNHK教育で神奈川と埼玉の県大会決勝がありました。

埼玉大会から始まったのでまず埼玉大会を見て、その後神奈川大会を追っかけ再生で見ましたが、とにかく勝ったチーム、負けたチーム両方に賛辞を送りたいですね。


さて埼玉大会の方はというと、注目の鷲宮・増渕竜義が投げてましたね。
評判ばかり大きくなっていて、まだ自分は一度も見たことがなかったのですごい楽しみにしていました。
カタログスペックだけでも、ストレートはMAX148`で、それにスライダー・シンカー・シュートを同じ腕の振りから投げ込んでくるとのこと。
プロのスカウトからも「東日本No1」じゃなく「田中将大に匹敵する高校生No1クラス」のピッチャーという評価でした。

実際見てみて思ったのは、本当の増渕のピッチングはこんなものじゃないだろうなという感想。
全試合ほとんど1人で投げてたこともあって疲れてたのか、もしくは決勝のプレッシャーでボールが行ってなかったのか分かりませんが、ストレートはあまり走ってなかったですね。
スライダーも評判ほどでもなく、シンカーのキレと地肩の強さは素晴らしかったんですが、プロのスカウトが大絶賛するほどのことはなかったように見えました。
ということなので逆に、今日のピッチングは増渕の本来の出来ではなかったのだろうと思ったというわけです。
甲子園で見てみたかったですね、本来のピッチングを・・・・。浦学にはおめでとうですけど、個人的には残念な結果に終わりました。


神奈川大会の方は、序盤から横浜打線が爆発してしまい、いきなり10点差がつく試合展開。
打撃力では相模の方が少し上だと思ってましたが、懸念の投手力の差がいきなりハッキリ出てしまった感じでした。
ということで、個人的な注目選手を中心に追っかけ再生という見方になったんですけど、なんか3年生より2年生の方がよく見えてしまいましたね。
両チームとも3年生に川角謙・福田永将・白井史弥、田中大二郎とドラフトでも注目される選手がいるのですが、横浜では高濱卓也、相模では田中広輔のセンスの良さに目を奪われました。
この2人はお互い意識し合うライバル同士のようで、特に田中広の方は高濱をかなり意識してるようなことを雑誌のインタビューでも言ってました。
このまま2人で切磋琢磨して伸びていってくれれば、来年のドラフト候補になることは間違いない所だと思います。
来年は中田翔というずば抜けた怪物がいるので分かりませんが、もし万一今年のドラフトで阪神が堂上直倫を外した場合、この高濱と田中広は候補に挙がってくるかもしれません。要注目ですね。


最後に、大阪大会でPLが負けたそうですね。
またひとり、甲子園で見てみたかった選手が消えてしまいました。
前田健太、見たかったなぁ。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 16:41| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

神奈川の代表は横浜。松坂以来の甲子園春夏連覇を目指す!
Excerpt: 第88回全国高等学校野球選手権、神奈川大会の決勝は 横浜が優勝。2年ぶり12回目の優勝を決めました。 横浜スタジアムで行われた決勝戦は満員。全国随一の激戦区・神奈川大会の決勝という事もあり、注..
Weblog: JG スポーツ日記
Tracked: 2006-07-29 17:20

埼玉など8県の代表校決定
Excerpt: 第88回全国高校野球選手権大会の埼玉、神奈川、滋賀、和歌山、岡山、島根、山口、熊本代表校が決定しました。 埼玉代表:浦和学院(2年ぶり8回目) 神奈川代表:横浜(2年ぶり12回目) ..
Weblog: BOA SORTE
Tracked: 2006-07-30 02:43
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。