2006年11月17日

倉敷キャンプ打ち上げ

昨日で倉敷キャンプが打ち上げ。
ちなみに倉敷は、宿舎と球場の距離が遠く室内練習場等の施設もないため、5万400人の観客を動員したものの、来年から安芸に戻るとか。

さて、このキャンプを軽く総括してみると、まず第一の課題だったのが井川の穴を誰が埋めるのかということ。
候補となっていたヤス、筒井はやっぱりというか、またも決め手を欠いた印象・・・。いつになったらガツンとしたものを見せてくれるんでしょう。
この2人は「実戦になればやってくれる」っていうタイプじゃないしね。っていうかむしろ逆だし。練習でいい所見せて、もっと期待を膨らませて欲しいんですが・・・。

そんな中、急浮上してきたのが実績のある三東。
故障も大方癒え、キレのあるボールで岡田監督から賞賛を受けたようです。
やっぱり井川の穴を埋めるのは、実績派になるんでしょうか。もちろん三東にはがんばって欲しいんですが、もう少し若手の突き上げも見たかったのが正直なところです。

あとピッチャーでいえば、去年の大社ドラフト4巡目の渡辺亮がナックルに光明を見出したとか。
ルーキーで沖縄キャンプに連れて行ってもらいながらシーズンでは何もできなかったからね・・・・これを機に是非ブレイクしてもらいたいなぁ。
久保コーチいわく「ナックル8割、ストレート2割でいい」とか。となると、このナックルボーラーの使い方としては先発になってくるんでしょうか?いずれにしても楽しみがひとつ増えましたね。

とりあえず今日は目についた投手について触れてみました。野手編はまた今度。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 08:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Tigers | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。