2006年11月23日

小笠原道大、讀賣入団

FAだった北海道日本ハムの小笠原道大の讀賣入団が決定したとか。
日ハムのみならずパリーグも、「顔」とよばれる選手を取られたのは痛いだろうね。

日ハムはクリーンアップの年齢が上がってるし、若手の突き上げが緊要ですね。
今季はファームにいたけど、尾崎匡哉とか陽仲壽、投手から野手に転向して上々の滑り出しを見せた糸井嘉男あたりは来年チャンスがあるかもしれない。逆に、ダルビッシュ・涌井世代の打のスター・鵜久森淳志はまだまだ時間がかかりそうなカンジです。

讀賣の方は、また左がズラリと並んでますねぇ。
FA市場やドラフトで、ただ「目玉」と言われてる選手を獲ってくるだけじゃチームは作れないと思うのですが・・・。
讀賣巨人軍には、「本当にファンに愛されるチーム」を作ってもらいたいと切に願います。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 10:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 NPB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28096217

この記事へのトラックバック

おがさーら…orz
Excerpt: そうきたか。 やっぱ、そうきたのか小笠原。 なんかもうヤダなぁ…なんで猫も杓子も読売なわけ?? ってか、そんなに読売行きたいか? 飼い殺しにされそうに思うんだけど…。 それに読売は若手育成はどうす..
Weblog: ポケットの中には
Tracked: 2006-11-23 12:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。