2007年03月29日

ドラフト改革2007

大阪桐蔭の中田翔がすごいもの見せてくれたね。

っていうか、あの2発目はヤバイ。
金属とはいえ、あの弾道で放り込むのは尋常じゃないよ。



中田の存在の影響をモロに受けて、ドラフト改革が進行中。
今年から希望枠が撤廃されることは歓迎するけど、ウェーバー制に移行されなかったのは、「今年は中田がいるから」に他ならない。

さらに、高校生ドラフトで1巡目指名に外れた場合は下位球団からのウエーバー指名とせず、重複があった場合はくじ引きを繰り返す方式に変更するらしい。
これも中田への指名が思いっきり重複することを見越した上での変更だと思う。なんだかこっちの方が強引すぎる印象を持つね。


大社ドラフトの方も、1巡目は入札抽選に変更ということになった。
大社ドラフトにかかるような即戦力に近い選手は、高校生ドラフトと違って特にウェーバー順に指名した方がいいと思うんだがなぁ。
弱いチームはどうしても即戦力になる選手が欲しいし、逆に強いチームは高校生を育成する余裕がある。
この入札抽選の方式では、強いチームが高大社を総取りになる可能性があるので、戦力均衡の意味で公平さを欠くと思う。


あとは讀賣がさかんに主張してるFA期間の短縮。
選手の「入る」自由が制限されるのだから、「出る」自由がもっと認められてもいいという主張だけども、聞きようによっては、「入れる」時に囲いこめないのなら、「出る」時に囲いこむつもりだと聞こえる。
これではお金のある球団に戦力が偏ってしまい、入り口がいかに健全になったとしても、結果として歪んだものになってしまう。

確かに選手の権利を尊重するのは必要であるが、現制度の9年は長すぎるだろうか。
短縮することでアメリカへの選手の流出が進み、日本球界の衰退につながらないだろうか。
完全に閉じこもることは愚かなことだ。他のリーグと交わることで、選手も球団フロントもファンも色々なことを学んでいく。
だが、ある程度選手を拘束し他団体に流出させないこともまた、その団体の発展に必要なことだと思う。
高卒で入った選手なら28歳、大卒なら32歳。そんなに遅いだろうか。
それでも、どうしてもアメリカに行きたいと考えてるならば、卒業後アメリカに行けばいい。
それで一時的にメジャーへの流出があっても、結局、ほんの一握りの成功例とたくさんの失敗例を残すことで、意識に変化が起こると思う。


「鉄は熱いうちに打て」じゃないけど、本当は今年のうちにしっかりとしたドラフト改革をした方が良かった。
だけどまぁ、中田ぐらいの選手がいたんじゃ、これが精一杯かもしれない。
来年までに戦力均衡を念頭においた改革をすることが約束できれば、今年はここまででも仕方がない気がしている。

>>人気ブログランキング
ラベル:中田翔
posted by codename31 at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

選抜高校野球・初日

一日遅れで大阪桐蔭vs日本文理を鑑賞。

投手・中田翔はなんだかぎこちない投げ方だね。
一回痛めると、どこかでかばっちゃうんだろうなぁ。
久しぶりの登板ということを差し引いても、腕の振りが鈍かったように感じました。


打者・中田翔はリキミがあったのか、無安打。
まぁでも打者バージョンの方は、打とうが打つまいが評価は今更変わらない。
甲子園に足を運んだ大観衆は、中田のどでかいホームランを目撃したかったと思うけど。


次は佐野日大と第6日に対戦。
相手の出井投手がなかなか良かったようなので、面白くなるかもですね。


負けた日本文理は、投手の栗山が虎のドラフト候補として挙げられてたけど、いい所を見せられなかった。
どうだろう・・・。ストレートは130キロくらいでスライダーで空振りを取るタイプ。
去年阪神に入った横山と似てるタイプだよね。

欲を言えば、もう少し体に力強さが欲しいところ。
夏までにそのあたりが良く成ってれば、下位での指名はあるかもしれないなぁ。


あと第3試合に登場した佐藤由規はいいストレート放ってた。
もっと見たかったけど、今回はケガをしていたようなので、また夏に帰ってきたところを見てみたいな。
いいピッチャーだね。

>>人気ブログランキング
ラベル:中田翔
posted by codename31 at 11:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

センバツ07・組み合わせ表

今年のドラフト候補は、一人ズバ抜けた選手がいるだけで、あとは例年に比べて結構小粒な印象。
唐川侑己とか佐藤由規にそんな印象をくつがえして欲しいです。

07senbatsu.gif
サンスポ

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

ハンカチ王子と私

早実の"ハンカチ王子"こと斎藤佑樹君が早稲田大学の教育学部社会科に推薦で進学することが内定したとか。
スポーツやってる人たちはスポーツ科学部とか人間科学部に進むことが多いので、てっきり所沢キャンパスに行くんだろうなと思っていたのですが、教育学部だったら西早稲田キャンパスですね。
これはきっとちょっとしたパニックになるでしょうねぇ・・・・。ちょっと面白そうw

さて私事なのでサラっと・・・
斎藤君なんかよりだいぶ年上の私ですが、今年の春より某大学に入学することが内定しました。
仕事を辞めて通うなんて大それたことはできないので、夜間枠です。
社会人との両立は結構厳しそうですが、まだ色々勉強したいことがあったので、思い切って決断しました。

ということでタイガースを去年までのペースで追っかけるのは難しくなりそうです。
ですが、それでもがんばって更新していくつもりですので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

>>人気ブログランキング
ラベル:斎藤佑樹
posted by codename31 at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

中田翔始動

自分は昨日から仕事初めだったんですが、やっぱりいきなり現実に引き戻されましたねw
今年も新しい1年の始まりです。

そんな中、大阪桐蔭の怪物君・中田翔が始動。日米10球団14人のスカウトが大集結したとのこと。
タイガースも最多となる4人を派遣ということで誠意を最大限アピールしていますが、まだドラフト制度もどうなるか分からないですし、まだまだこれからですね。
中田が入ってくれれば、外野やらせるにしても内野でサードやらせるにしても、今後15年は間違いなく安泰になるだろうから、やっぱりどの球団も欲しいだろうなぁ。
最近の強打者はほとんど左バッターだし、右の大砲は貴重です。

>>人気ブログランキング
ラベル:中田翔
posted by codename31 at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

中田翔についての雑記

来年のドラフトの超目玉とされている大阪桐蔭の中田翔。
もちろんタイガースも競合してくる中に入って行くでしょうね。やはりそれだけの選手ですし、そのような選手が地元にいるのにみすみすヨソの球団に渡すわけにはいきません。

タイガースを始めプロの球団はほぼすべて、中田を野手として取りたいと思っていると思うんですけど、ここまでの報道を見ていると、どうやら本人は投手としてやりたい気持ちがあるようです。
もちろん投手としても高校1年の段階で150キロの球を投げれる素材なんてそう滅多にいないわけですから、魅力であることは間違いのないところですよね。

でもその投手としての能力以上に中田の長距離ヒッターとしての才能が非凡すぎるのです。
今年の堂上や去年の岡田、一昨年の鵜久森などとは比較にならないと言ってもいいかもしれない。
中田はそれくらいの怪物でしょう。例えるなら清原和博・松井秀喜レベル。

やや天狗になりかけていた鼻も、今年の夏に早実のハンカチ王子にヘシ折られて、逆にそれによってさらなる進化を遂げてくれるのではないかと期待しています。

野手なら、高卒でもプロで即スタメンレベル。
それくらいの選手だと思っています。是非タイガースに来てもらいたいですね。

>>人気ブログランキング
ラベル:中田翔
posted by codename31 at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

愛着のグラブ

今日は特に書くことがないので(イガーのことは明日)、自分が使ってるグラブの紹介などを・・・。


私は学生時代に野球をやっていたとかではないので、技術的にグラブを選ぶとかそういうことはできません。
とりあえず素人なので、やっぱりデザインとかね、誰々モデルとか、そういうところで選ぶんですよ。

そして自分が2年ほど前から使っているのが下のコレ↓

imaokassk1.JPG

下の写真に「T07 PROFESSIONAL MODEL」となってるように、SSK時代の今岡誠モデルです。今岡はこれの薄茶色バージョンを使ってました。
今岡がこれ使ってたのはセカンド守ってた時ですね。サードに移ってからはローリングスのに変えましたから。
ASI_RG-6MI_G2.jpg
↑ローリングス社の現行・今岡誠モデル

デザインはあまり変わってないみたいです。ポケットの所のアミアミとか、そのまま。


自分、このグラブかなりお気に入りなので大事に使ってます。手にしっかり馴染んでくると、愛着が湧きますね( ´▽`)

>>人気ブログランキング
ラベル:今岡誠
posted by codename31 at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

今度こそ草野球今季最終戦

10/27の試合が当初今季最終戦だったんですが、もう一丁となって今日ナイターで試合してきました。


試合前に軽くバッティングセンターで3ゲーム打ち込んだんですが、この時からバッティングが変だった。
フォームが全然バラバラで、修正ポイントすら分からないような状況。
案の定、7番セカンドで先発した試合でもボロボロですよ。
結果は、

1打席目 ショートゴロ(打点1)
2打席目 ショートゴロ
3打席目 サード内野安打(盗塁2)


とずーっと引っかけてた。
内野安打もボテボテの当たりでした・・・。


バッティングって難しいですね。
守備の方が楽しく思える今日この頃です・・・。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

虎の大・社ドラフトプレビュー

11月21日の大学・社会人ドラフトまでまだ日がありますが、各球団動きは活発。

そんな中、我らがタイガースはどうなってるんでしょうか。
まずは希望枠を見てみると、ここはもう大阪ガスの小嶋達也で決定。
問題はそれ以降ですよね。
補強ポイントは右打ちの内野手と矢野の後継者。あと1人、投手を獲れればというカンジの指名っぽいです。

3巡目の候補で最も現実的なのが、関学大の清水誉捕手。
実際見たことないですけど、今年の捕手の中ではトップクラスの評価を受けているようです。
狩野が成長してきたり、岡崎も伸びてきてますけど、矢野の後釜候補はいくらいいてもいいくらいですからね。良い素材となれば、確実に獲っておきたいところです。

あとは法政大の大引啓次内野手。
つい先日、大学通算で121安打を打って話題になった有名人です。
大引は大阪出身ですし、彼を3巡目で指名できればそれにこしたことないけど、ウェーバー順なので阪神は厳しそうというのがもっぱらの見方。
ロッテあたりが3巡目での獲得を狙っているようです。

となると、3巡目に清水を獲って、4巡目以降に他の内野手を、となりそうです。
今まで名前が挙がっているのが、関東学院大の原拓也内野手とトヨタ自動車の福田康一内野手。
原の方はライオンズも指名を視野に入れているようなので、安全にいけば4巡目は福田でしょうか。

ってここまで書いたところで思ったんですが、3巡目大引・4巡目清水は無理なのかなぁ。これでいければ大成功っぽいんですけどね。

さて、最後にもう1人指名しておきたいピッチャー。
今日のデイリーじゃあ武蔵大の上園啓史投手を隠し球で指名、なんて書いてるけど、上園って有名じゃ・・・。4球団くらいが関心示してるらしいし、隠し球ではないよなぁ。


>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 14:48| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

草野球今季最終戦!

昨日は仕事終わりに、今季最終戦となる予定の草野球をしてきました。
紅白戦でAチームの2番セカンドで先発。

第1打席はランナー2塁の状況で、三遊間をゴロで抜けるレフト前タイムリーヒット。二盗、三盗して得点1。
第2打席は先頭バッターで、サードの頭上をライナーで越えるレフト前ヒット。二盗して得点1。

とここまでは良かったんですが、ここからあとは凡退続き・・・orz。

第3打席は引っかけてショートゴロ。
第4打席は差し込まれたピッチャーゴロ。
第5打席はツーアウト満塁の絶好の場面でライトフライ。

せめて今季最終打席は打ちたかったなぁ。ちょっと力んだ・・・。
結局5打数2安打1打点3盗塁。

守備の方はエラーもなく、無難に。

来年の開幕が楽しみだー( ´▽`)

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 12:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

高校生ドラフトまとめ

高校生ドラフトニュースのまとめです。

<阪神タイガース>
虎1巡目は長崎日大・野原「1年目から一軍定着目指します」(SANSPO)
虎の1番星…長崎日大・野原が堂上に挑戦状!(スポニチ大阪)
阪神外れ1巡目は長崎日大野原/ドラフト(大阪ニッカン)
野原誓った「打倒堂上、そして中日」(デイリー)
野原が同世代に対抗心/ドラフト(九州ニッカン)
3巡目の智弁和歌山・橋本「藤川さんの球を受けてみたい」(SANSPO)
阪神3巡目橋本、憧れの縦ジマ/ドラフト(大阪ニッカン)
橋本 スケールでかい“ポスト矢野”(デイリー)
4巡目の日本文理・横山は“予想外”の指名にビックリ(SANSPO)
虎の隠し玉右腕、日本文理横山/ドラフト(大阪ニッカン)
横山「びっくり」指名 決断は先送り(デイリー)


<横浜ベイスターズ>
横浜が小松工・北を指名…まずは投手で「三浦さん目指す」(SANSPO)
横浜1巡目は無名の右腕・北/ドラフト(nikkansports)
横浜4巡目高森、夢はWBC出場(名古屋ニッカン)

<東北楽天ゴールデンイーグルス>
ノムさん歓喜「チームより優先」“金の卵”駒苫・田中育てる!(SANSPO)
田中 “野村チルドレン”入り宣言(スポニチ)
駒苫・田中が早くも楽天OK!/ドラフト(北海道ニッカン)
駒苫ナインは田中胴上げで祝福/ドラフト(北海道ニッカン)
田中は楽天「歴史に名前刻みたい」(デイリー)
駒苫・田中は楽天!入団前向き「目標は開幕1軍」(hochi)

<広島東洋カープ>
広島が指名“桑田2世”前田が満面の笑み「目標は桑田さん」(SANSPO)
広島、単独指名の1巡目…PL前田「桑田超え」宣言(スポニチ大阪)
広島1巡目前田、桑田超え誓う/ドラフト(広島ニッカン)
“桑田2世”前田が桑田超え誓った(デイリー)
PL学園・前田、桑田と対戦熱望(hochi)
広島3巡目会沢 “谷繁2世”になる(デイリー)

<オリックスバッファローズ>
オリックス1巡目・延江「びっくり」平成生まれ初勝利目指す(SANSPO)
Bs1巡目…瀬戸内・延江投手「160キロ目指したい」(スポニチ大阪)
瀬戸内延江がオリックス1巡目/ドラフト(広島ニッカン)
瀬戸内・延江、清原斬りで1軍(hochi)
オリ3巡目梅村「田中君と対戦したい」(名古屋ニッカン)
島田商・仁藤オリックス4巡目指名(静岡ニッカン)

<讀賣ジャイアンツ>
ライバルは堂上!巨人“外れ1巡目”坂本が堂々30発宣言!(SANSPO)
光星学院・坂本が巨人のドラフト1巡目(東北ニッカン)
巨人1巡目に光星学院・坂本…二岡2世広角大砲(hochi)
東海大相模・田中4番宣言…巨人3巡目(hochi)
田中「原先輩のような4番に」/ドラフト(nikkansports)
伊集院「上原さんのボール受けたい」…巨人4巡目(hochi)
伊集院は原監督に弟子入り/ドラフト(九州ニッカン)

<千葉ロッテマリーンズ>
大嶺ショック!ロッテがサプライズ指名…入団拒否も示唆(SANSPO)
大嶺 まさかのロッテ強行指名に涙(スポニチ)
八重山商工・大嶺は浪人も視野/ドラフト(九州ニッカン)
ボビーマジックで大嶺を“強奪”(デイリー)
ボビー強奪!大嶺悲劇浪人も…高校生ドラフト会議(hochi)
ロッテ突然の指名予告に八重山商工・伊志嶺監督「話が違う」(hochi)
札幌日大・黒滝はロッテ3巡目/ドラフト(北海道ニッカン)
札幌日大・黒滝 涙の指名会見(スポニチ北海道)

<東京ヤクルトスワローズ>
古田監督が初勝利!母も“ヤクルト”鷲宮・増渕引き当てた(SANSPO)
母はヤクルトレディ 増渕「親孝行」(スポニチ)
古田監督 初のくじ引きで増渕ゲット(デイリー)
増渕、公ヤク守る…ヤクルトレディーの母「楽にしてあげたい」(hochi)

<福岡ソフトバンクホークス>
ソフトバンク1巡目・福田「涙が出そう」川崎に弟子入り志願(SANSPO)
福田 うれしい誤算に「泣きそう」(スポニチ)
ソフトB1巡目・福田「川崎2世」目指す(九州ニッカン)
ソフトB3巡目・伊奈は王超えを目標に(九州ニッカン)
ソフトB4巡目指名の李は小久保2世(九州ニッカン)

<西武ライオンズ>
埼玉栄・木村が同門・松坂に“弟子入り”志願!西武1巡目(SANSPO)
埼玉栄・木村、開幕1軍狙える(hochi)
西武3巡目朱、08年北京五輪も(名古屋ニッカン)

<中日ドラゴンズ>
中日1巡目・堂上「本当にうれしい」父は複雑な心境も吐露(SANSPO)
堂上 史上初の“3組の親子鷹”(スポニチ)
落合竜“3人親子鷹”誕生…堂上「3冠王獲りたい」(スポニチ大阪)
目標は三冠王、竜に3人目の堂上誕生(名古屋ニッカン)
堂上父は「複雑」兄は「楽しみ」(名古屋ニッカン)
やっぱり“竜の子”堂上3冠王宣言(デイリー)
堂上に落合監督3冠英才教育(hochi)
3巡目福田、目指すはポスト谷繁(名古屋ニッカン)

<北海道日本ハムファイターズ>
日本ハム1巡目吉川は新庄心酔/ドラフト(北海道ニッカン)
広陵吉川は日本ハム1巡目/ドラフト(広島ニッカン)
ヒルマン絶賛 1巡目広陵・吉川(スポニチ北海道)
吉川大ボケ「金本さんと二岡さんと福原さんを足して“2”で割った選手」(hochi)
北照・植村は日本ハム3巡目/ドラフト(北海道ニッカン)
北照・植村「プロで投げ勝つ」(スポニチ北海道)
日本ハム4巡目は長身ダース/ドラフト(北海道ニッカン)
今年も“多国籍”日本ハム4巡目・ダースは将来性十分!(SANSPO)
ダース ダル&陽との共闘宣言(スポニチ)
ダースはハム「新人王取る」/ドラフト(nikkansports)

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 12:46| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

高校生ドラフト

堂上外しちゃったねぇ・・・・まぁクジだから仕方ないけど。
中日が堂上引いた以外は、日ハムも西武もソフトバンクも地元の選手外しちゃって、そういう意味ではちょっと残念な感じもあります。
特に大嶺はソフバンで鉄板だと思っていたので、ロッテが横槍入れてきたのは驚いた。しかもボビー悪ふざけしすぎでしょw ありゃー、怒られるぞw

おおまかに見ていくと、


<阪神タイガース>
1巡目は堂上外した時の想定通り、長崎日大の野原将志を指名。
実際に見たことないし、動画でも見たことないけど、なかなか評判の高い大型内野手らしいですね。早くキャンプで見てみたいです。
3巡目で指名した橋本良平はなかなかいいと思う。橋本の前にキャッチャーが2人指名されているけど、橋本の打力は野手としても評価できると思うし。
知名度の点で言っても、高校日本代表の4番バッターを獲ったっていうのは、堂上外して、凹んだ和みにもなるw
4巡目の横山龍之介っていうピッチャーは全然分からないなぁ。甲子園にも出てたらしいんだけど、不勉強です。
まだスピードが足りないみたいだけど、素質がかなりあるとのことなので、何年かかけて体を作ってからの勝負になりそうですね。
↓横山龍之介 in 2006年センバツ3回戦vs清峰

スライダーが面白いね。ストレートは130`後半くらい。

全体的に見たら、去年ほどの派手さはないけど、まずまずのドラフトになったと言えるんじゃないでしょうか。


<セ・リーグ>
いい指名が出来たのは、やっぱり1巡目で当たりくじを引いた2チームと単独指名に成功した広島ってことになるのかな。
特に前田健太の単独指名に成功したカープはかなり嬉しいでしょうね。最後の最後までロッテが競合してくる気配が残ってたところだったし。
前田はやはり投手として育てるんだと思いますけど、とにかく素材は抜群にいいので、壊さないようにうまいこと育てて欲しいですね。最近の流れじゃないですけど、高卒2年目くらいから投げられるタイプなんじゃないかなと思ってます。
増渕竜義を引いたヤクルトも、上田剛史と山田弘喜という好素材をしっかり確保して、去年に続いて成功ドラフト。
岩村の去就も分からないので、3巡目で上田を獲れたっていうのは大きい気がしますし、高卒即プロ入りに強烈な執着心を見せていた山田にチャンスをあげられたっていうのも、個人的には嬉しく思います。
そしてあんまり触れたくないドラゴンズ。堂上持ってかれちゃったなぁ。
まあでも記者会見での堂上の笑顔を見たら、これで良かったのかもと思いました。


<パ・リーグ>
今年のドラフトの一番の目玉、田中将大を引っさらっていったのが楽天イーグルス
これは大変な責任を背負い込んだなぁ・・・当事者にそういう意識がどこまであるか微妙だと思うけど。
正直これだけの投手を育てられるバックグラウンドってまだ楽天には整ってないような気がするのが、不安感を煽り立てますね。
もちろんこのクラスのピッチャーなら放っておいてもある程度やるだろうけど・・・・・がんばって欲しいとしか言えません。
あと冒頭でも触れたけれど、大嶺がロッテに決まったのはかなりの驚きで。
大嶺は今どんな風に思ってるかな・・・ちょっと気になりますね。
ロッテはその他にも、人気の佐藤賢治を早々と抑えて、締めに黒滝将人指名と100%に近いドラフトだったでしょう。
あとは日ハムかな。田中を取り逃がしちゃって残念だったけど、地元で同クラスの評価を受ける植村祐介を確保できたのは良かった。またこの2人が同じリーグに行ったっていうのも今後が楽しみになりますね。
そしてビックリしたのが4巡目のダース・ローマシュ・匡。いくら将来性が高そうだとしても、あの甲子園のピッチングの後じゃ即プロ入りはないだろうなと思っていたので、かなりのサプライズでした。
でも日ハムって、こういうイケメンというか、人気選手を獲りに行く傾向が球団としてありますよね。ダルビッシュに陽、そしてダースとすごい多国籍軍になりましたw
外れ1位で気になったのは、ソフバンが福田秀平を指名したのが意外でしたね。
ソフバンは去年もクジ外して、荒川に行ったけど、まだ下の順位で獲れたんじゃないかなぁって感じました。クジ外すとどうも精彩を欠くような気がしてなりませんね。
オリックスは有名人を取りそろえたというか、なかなか面白いドラフト。
中でも評価の高かった仁藤を4巡目で獲れたのはプラスだろうし、履正社の土井を獲ったのもなんかいいですね。ナニワのゴジラ・ミニラが再結成です。

とりあえずそんな所でしょうか。
今年は去年の38人から5人減って、33人の指名にとどまりました。
楽天とかもう一人くらい指名してもいいのにと感じましたね。東北の成田恭佑とか獲って欲しかったなぁ(追記:成田君はプロ志望届未提出でした<(_ _)>)。

後日、ドラフトから漏れた選手のリストを作る予定です。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 15:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(17) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

東京六大学野球録画中継

どうでもいいことなんだけど、東京六大学野球のインターネット中継って見たことある?

さすが六大学野球というか、カメラ何台も使ってネット中継してるんですよ。アナウンサーとかも付いて。
しかも同季の試合なら第1節まで遡って、試合開始から終了までしっかり見れちゃうんです。
だからもし自分が気になる選手がいれば、テーブルスコアを参考にして、その選手が出てくるところまでスキップして見るなんてスタイルもできちゃうわけ。

事前登録も必要なかったし、これすごい便利だったんだけど、秋季リーグからなんかね、変わったのよ。
前は東京六大学野球のホームページ内に中継のサイトがあったんだけど、この秋季から第2日本テレビの中に移動。視聴には第2日本テレビへの登録が必要とか、ちょっと面倒になった。

来年の春とか、佑ちゃんが投げるようになったらアクセス増えそうですね。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 12:14| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

大・社ドラフト希望枠プレビュー・1

今日は大・社ドラフトの話。


まずはタイガースですが、一昨年のような迷走もなく、今年は比較的スンナリと大阪ガスの小嶋達也で決まったようですね。
小嶋は遊学館時代から評価の高いピッチャーですが、大阪ガス入社後はちょっとなりを潜めてました。
今年も初めの方に、練習中にバッターの打球が顔に当たったとかで、頬(多分?)を陥没骨折して復調まで時間がかかっていたようです。
阪神が希望枠に決めたのは、もちろん将来性を見込んでという部分が大きいと思いますが、高卒時のドラフト直前で突然社会人入りを決めた理由の部分もあるのかもしれません。
まぁ、タイガースには大阪ガスの先輩の能見もいますし、左腕は井川や下柳が今後どうなるのか分からない箇所なので、小嶋にとって阪神入団はいい選択になるんじゃないでしょうか。
なるべく早く、上で見てみたいですね。


その他のチームの動向を見てみると、やっぱり讀賣の動きがどうも変・・・。
大隣をソフバンに持って行かれて、東北学院大の岸孝之で行くとみられてたんですけど、ここにきて金刃憲人に路線変更するらしい。
しかも岸とのダブル獲りを目論むとか、ちょっと考えられない話でしょう。
だって普通に考えたら、立命大出身の古田監督率いるヤクルトが金刃に行くって言えば、すんなり収まるのが大体の道理。
なのに報道によると、金刃がヤクルトに断りを入れたとか・・・・、ってことは岸は希望枠でしか獲れないし、讀賣が金刃を囲ったってこと?
つまり金刃は3巡指名でも讀賣に入るってことなのかな?去年の栂野みたいに。
だけど金刃のオヤジさんっていうのは、筋金入りの関西人で大の阪神ファンのはず・・・。こっちとしては、讀賣にそんな低姿勢でいいの?って思っちゃうね、関係ないけどさ。

まぁしかしそれも杞憂というか、結局岸自身は西武入団を希望してるとか。
これで讀賣は金刃を希望枠で、となると思うけど、ちょっと腑に落ちないよなぁー。
なんかヤなカンジ。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

高校生ドラフト1巡目プレビュー

今日から3日間、タイガースは試合がない。
一方のドラゴンズは今日ベイスターズ戦、明後日にスワローズ戦。うまくいけば1ゲーム差縮めることができる。
ちなみに今日は21時現在4点リードされているので、0.5ゲーム差縮まったのはほぼ確実かも。
そうすると虎との差は3.5ゲーム。直接対決までなんとか食らいついていけば、まだまだ分からないゲーム差だよ、これ(追記: orz )。


ちょっと話変わって、高校生ドラフトの話。
3年ぶりだった去年に続いて、今年もくじ引きドラフトですね。

一番人気になりそうなのは、やはり駒大苫小牧の田中将大。
地元の北海道日本ハムは逃げるわけにいかないし、楽天とオリックスも指名して来そう。
「世代最強」の評価だけに、すでに何球団か逃げてのこの人気だからさすがです。

続いて、我らがタイガースが待望している愛工大名電の堂上直倫も3球団からの指名になりそう。
もともと強いコネクションがあるドラゴンズが指名してくるのは当然として、ここにきて讀賣が横槍を入れてきた。
讀賣的には、現場が野手を希望している・田中将の競合の厳しさ・堂上の12球団OK宣言、などから方向転換を選択した模様。はっきり言って、ウザイね。

そしてこちらも3球団指名になりそうなのが、鷲宮の増渕竜義。
この3人の中で全国大会の舞台に唯一立ってないけど、将来性含めてプロからの評価が非常に高い。
今のところ西武とヤクルトが確実で、横浜も来そうなカンジみたいです。

次に2球団(広島・ロッテ)が指名してきそうなのが、PLの前田健太。
彼は完全に全国度の知名度を持ってるし、実力的には疑いないです。
去年のドラフトに前田がいたら、ウチが1巡指名してたかもしれませんね。

となると、残る球団はあとたったの1つ。事前予想ではホント競合だらけですねw
その残ったソフトバンクは地元密着ということで、八重山商工の大嶺祐太の指名が確実視されています。
夏の甲子園では全然良くなかったので、将来性を評価してのことだと思います。


いやー、今から25日が楽しみですねぇ。
外れ1位の分捕り合いが見物です。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 21:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

福井優也の進路決定

なんか昨日、検索ワード「福井優也」がものすごい伸びてたんでなんだろうと思ってたら、早稲田大学スポーツ科学部のトップアスリート入学試験(PDF)に合格したそうです。一度一般受験で失敗して、浪人中っていうのは聞いてたんですけど、一浪でもこの試験の受験資格あるんですね。

まぁ浪人生活が長すぎると、今後の野球人生に物凄く大きな影響が出そうだったので、1浪で済んでまずは一安心。
ただ正直言えば、やっぱりブランクを取り戻すのは結構難しいんじゃないかなぁ・・・。
どれだけやれるのか楽しみですが、早大の戦力充実がすごくなってきた。
佑ちゃんもそうだし、他の競技でいえば卓球の愛ちゃんもそうだし、早大自体がすごい人気ですね。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 10:33| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(2) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

佑ちゃん、早大進学へ

早実の斎藤君が大学進学を決断したとのこと。

ある程度、予想通りの結果だったわけだけれども、イチ高校生が進路を公表するのに記者会見が開かれること自体、やっぱり異例中の異例なわけで・・・。


これで少しは斎藤狂想曲も収まってくるかな?
校門の前でワイドショーが張ってるとか、明らかに行き過ぎだったと思うし、少し放っておいてあげて欲しいね。


斎藤君の決断について言えば、私もやっぱり進学で良かったと思ってます。
この異常なくらいの盛り上がりの中でプロ入りなんてことになると、自分を見失っちゃったりするかもしれないし。
プロ関係者のコメントを眺めてると、パリーグは斎藤君に来てもらいたかった風の雰囲気出してるけどw

でも斎藤君の心理を推察するに、彼はきっとメジャーで早くプレーがしたいんだろうね。
そのためには、大学を経由することなく、高卒で日本のプロへ行くのが一番良さそうに見える。日本の大学から直でメジャーへ、って道もなくはないけど、そうした多田野もうまくいってないし、やっぱりプロを経験せずに行くのはちょっとリスクがあるしね。
まぁ、そのうちFA期間も短縮されそうだし、あるいは早大卒業してから日本のプロとポスティング含みの契約結ぶのもナシじゃないだろうし、この4年は決して回り道じゃないと思いますよ。


なんにせよ、六大学は盛り上がるだろうなぁ。
だけどそういうのに気を遣って、無理に1年生から投げさせるようなことは辞めて欲しいと思います。
早稲田はまたいいピッチャーいっぱいいるし、早くても秋くらいからでいいのでは?
そんなカンジですね。

>>人気ブログランキング
ラベル:斎藤佑樹
posted by codename31 at 23:56| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(4) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

都市対抗野球も熱戦中!

東京ドームでは都市対抗野球が盛り上がってますね。
この前の土・日などは、かなり観客が入っていたようでした。

出場選手の中に何人か注目選手がいるわけなんですけれども、やはり阪神ファンとして気に掛けねばならないのは大阪ガスの小嶋達也投手(石川・遊学館)でしょう。
現在のところ、阪神の希望枠の筆頭に上げられている選手で、ご記憶の方多いかと思いますが、2年時に臨んだ夏の甲子園(84回大会)において3試合で41三振を奪い、ベスト8まで進んだあの左腕投手です。

その小嶋投手が所属する大阪ガスの初戦が今日の10時から。
GAORAで生中継されるそうなので、お時間があれば是非一度チェックを。自分は録画予約してくるの忘れました。今日負けられると困るなぁw


あとは阪神を退団した選手の活躍も気になるところです。
トヨタ自動車に入社した的場寛一は初戦で2ベースヒットを打って元気なところを見せてくれたし、松下電器に入った梶原康司は今日の18時から名古屋市のJR東海戦に出場予定です。
こちらからも目が離せませんね。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 08:44| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

高校日本選抜18人発表

日本高野連は21日、米国で8月下旬から開催される日米親善試合に出場する日本選抜チームの18選手を発表。

投手
斎藤佑樹(早実)田中将大(駒大苫小牧)榎下陽大(鹿児島工)乾真大(東洋大姫路)駒谷謙(福知山成美)金城長靖(八重山商工)
捕手
鮫島哲新(鹿児島工)橋本良平(智弁和歌山)秋場拓也(日大山形)
内野手
中沢竜也(駒大苫小牧)広井亮介(智弁和歌山)今吉健志(鹿児島工)後藤貴司(早実)林崎遼(東洋大姫路)宇高幸治(今治西)
外野手
船橋悠(早実)本間篤史(駒大苫小牧)塩沢佑太(帝京)



今年はAAA選手権ではないせいか、メンバーが例年と比べてやや小粒な印象。
堂上直倫と大嶺祐太が外れたのは故障や不調があって仕方ないとしても、横高から一人も選ばれていないのと、序盤の甲子園を盛り上げた大阪桐蔭の中田翔が選ばれていないのはちょっと意外でした。
親善試合がどういう形式で何試合行われるのか分かりませんけど、タイガースは橋本見にスカウト派遣するのかな。
最後に、ちなみにということで去年と一昨年の高校日本代表メンバーのリンクを貼っておきます。

去年  第6回アジアAAA選手権全日本高校選抜チーム
一昨年 第21回AAA世界野球選手権大会全日本高校選抜チーム

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 08:55| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

【高校野球】語り継がれる伝説

残念ながら、生でテレビで見られたのは9回表の最後の攻防だけだったんだけど、やっぱり感動したなぁ。
なんて言っても、昨日の前半部があっての今日の最終章だからね・・・。
あれだけすごい試合をした次の日・・・・・自分は東京の人間だけど、どっちのチームにも勝たせてあげたかった気持ちでした。


それにしても早実・駒大苫小牧ともによく戦ったよね。
特に両チームのエース・斎藤君と田中君には心からの賛辞を送りたい。
ふたりともプロとしても大きな未来があると思うし、これからも何度となくこの2人の対決は繰り返されていくでしょう。

その対決のたびに語られる伝説。
目撃できた我々はラッキーです。両チームに万雷の拍手を!

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 野球 Amateur | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。