2007年02月03日

都響プロムナードコンサート

今日はサントリーホールに東京都交響楽団のプロムナードコンサートを聴きに行ってきました。

プロムナードコンサート No.321
会場:サントリーホール
指揮:小泉和裕
ヴァイオリン:岡崎慶輔

* ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
* ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 「新世界より」作品95
* アンコール:チャイコフスキー 「エフゲニー・オネーギン」ポロネーズ

以前書いたようにクラシック歴が浅く、またコンサート自体にあまり行ったことがないので、音楽的にどうとかはコメントできないのですが、行って良かったなぁと思ってます。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲はチケットを買うまで聴いたことがなかったので、年末頃に近くの大きな図書館に行って借りて聴きました。それ以来何度も何度も聴いたのですが、結局この曲の良さが分からぬまま、当日を迎えてしまったみたいな感じですね・・・。
正直、実際に聴いてみてもイマイチ分からずでした。クラシック愛好家の人でも、曲は有名なのに良さがさっぱり分からないみたいな曲あるのかなぁ?

ドヴォルザークの方はさすがに有名だし、何枚かCDも持っているので、すごい楽しめました。
席がちょっと前の方の端の方だったので全然視界に入ってこなかったのですが、ティンパニーがすごい迫力でした。

っていうかやっぱり席位置ってすごい重要ですね。オーケストラが見渡せるくらいの場所に座らないと、曲もイマイチ全体が見えてこない気がしました。
今日の席位置からだと指揮者と弦楽奏者しか見えなかったです。管楽器はかろうじてホルンが一人見えたくらいw
ひとつレッスンを学びました!

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

ハネケン in オペラシティ

今日は東京オペラシティにクラシックを聴きに行きました。
オペラシティの建物には何度か来たことがあったんですけど、コンサートホールは初めて・・・・すごい立派ですねぇ。木の感じがすごく癒されました。


今日のイベントは羽田健太郎さんがピアノ兼進行役。いつもの調子の軽快なトークで会場の笑いを誘っていましたね。
他の出演者にヴァイオリンの大谷康子さん、フルートの高木綾子さん、ソプラノの腰越満美さん、テノールの井ノ上了吏さんでした。

第1部、第2部合わせて約3時間余りの公演。その中で特にサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」が良かったですね。
羽田さんが「日本一」と称した東響のコンミス・大谷さんの演奏は、クラシック初心者の私でも素晴らしいと感じました。
サラサーテの直後に、ハネケンさんが弾いたショパンのスケルツォ第2番もすごい力があって良かった。

あとフルートの高木さんが緊張していたのか、トークでの天然ぽい発言(「晴れてる日は天気がいいですね〜」)で今日イチの笑いを取ってましたw
もちろん演奏も素晴らしかったことを付け加えておきます。


最近半年くらい前からクラシックに再びハマり始めている私ですが、コンサートに行ったのは約10年ぶりくらい。
高校生の時にクラウディオ・アバドがベルリンフィルと来日したのを聴きに行って以来です。
やっぱり生はいいですね、本当に。
今週末もサントリーホールに都響を聴きに行く予定です。楽しみ、楽しみ〜。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

のだめカンタービレ 最終回

のだめカンタービレが最終回。
大川市まで迎えに行って、土手での再会シーン。
峰が清良に別れのコンマス争い宣言をしたシーン。
控え室でオケの人たちが千秋に別れ口上を述べるシーン。
最後のベト7。

シンプルにすごく良かった。
本当に楽しいドラマでした。

betho7.jpg
ベートーヴェン 交響曲第5・7番 カルロス・クライバー指揮 ウィーンフィルハーモニー管弦楽団

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:30| 東京 | Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

クラシックにハマる!

一度クラシックにハマって、たまたま来日していたアバド指揮・ベルリンフィルの第九を聞きに行ってから早10年。
28歳になった現在、再びクラシックにハマりました。

さすがにCDとか大人買いですよねw それが10年前との一番大きな違い。
ただ知識とかは完全に素人なので、これから色々勉強していきたいと思っています。

10年前と比べて変わった点といえば、インターネットの進化がデカい。これで情報を得るのは本当に楽になってます。
自分はクラシック素人なのでどこから聞き始めたらいいのかが分からないわけです。それでとりあえず有名どころからと考えたのですが、どの盤聞いたらいいのかも分からない。そんな時、「この盤はこれを聞け!」みたいなのをネットで検索して、買ってみるとハズレが少ないみたいな感じでやってます。

あとやっぱり生音も聞きたい!ということで、この公演のチケットを買ってみました。
これもどこのオーケストラを聞きに行ったらいいかよく分からないんですが、まぁなんかいいかなということで・・・w
有名な曲だし、取っ掛かりとして聞きに行く予定です。今から楽しみだ。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 17:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

のだめカンタービレ #10

マラドーナ・ピアノコンクールが終了。
のだめ傷心。
来週いよいよ最終回。
千秋が九州まで追っかける。
楽しみ楽しみ。

4988005338648.jpg
ストラヴィンスキー「春の祭典」「ペトルーシュカ」: ドラティ指揮・デトロイト交響楽団

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

のだめカンタービレ #9

今日はストーリーラインがシリアスになってくるところ。
やっとのだめが主役っぽいカンジになってきましたw

それにしても、大河内君に延髄切りカマした真澄ちゃんが今日のハイライト。
裏でNANAやってたから視聴率的にはどうですかね。

また来週が楽しみだー。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

のだめカンタービレ #8

のだめカンタービレ第8話見ました。
今日のブラームスの1番のところ、良かったなぁ〜。
演奏自体の見せ方も良かったと思うし、のだめの涙も良かった。
その後のビストロも見ましたが、上野樹里はリアルのだめっぽかったですねw
玉木宏も意外に三枚目みたいなカンジがして、好感が持てました。

さ、あと3回ですか。今後も楽しみです。

B00005FJD9.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
ブラームス交響曲第1番 カラヤン/ベルリン・フィル

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 23:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

のだめカンタービレ #7

第7話見ました。
のだめの大川弁や奥様風ムーブ、峰の激烈スピーチ+千秋の同意が見所でしたねー。
ハリセンが挟まってたのもナイスw ミッチーは素っぽいね。

そんな中、ライジングスターオケがブラームスの交響曲第1番に着手。
来週もう本番でしょうか。楽しみですね。

ozawa_.jpg
小澤征爾指揮/サイトウ・キネン・オーケストラ

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月20日

のだめカンタービレ #6

第6話見ました。
ラフマニノフのピアコン2番の2台のピアノバージョン良かったですね〜。
前回の千秋の演奏がちょっと物足りなかったカンジがしたので、今回のがすごく良く感じました。

他にも、クラブハウスサンドとかスーパーひとし君とかライジングオケの3人とか、いいカンジ。
来週以降も楽しみです。

B0007OE28U.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg
ラフマニノフ:作品集、リヒテル・アシュケナージ(p)、ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 ・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ・アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 ・ロンドン交響楽団

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

のだめカンタービレ #5

思いの外、ガッツリとハマってしまっている「のだめカンタービレ」の第5話見ました。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、すごいいいですよね。
自分もクラシック素人ながら、この曲のファンです。

個人的に↓の2枚のCDを持っています。
よく分からないので、ネットを中心にレビューの良いものを買って聴いてます。

zimmerman.jpg
ツィマーマン(ピアノ)・小澤征爾(指揮)・ボストン交響楽団

B00006BN.09._AA240_SCLZZZ_.jpg
ジルベルシュテイン(ピアノ)・アバド(指揮)・ベルリンフィルハーモニー管弦楽団

両方ともオススメですが、ツィマーマンの方は名演奏として有名みたいですね。他にもリヒテルとかアシュケナージ版も良いようですよ。もし機会があったら是非聞いてみてください。

>>人気ブログランキング
posted by codename31 at 22:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Classical music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。